2010年06月11日

遺族年金不支給で国が敗訴=元妻に受給権認める―仙台地裁(時事通信)

 仙台市青葉区の女性(63)が、離婚後に死亡した男性=当時(59)=の遺族厚生年金の不支給処分は違法として、国に処分取り消しを求めた訴訟の判決が7日、仙台地裁であった。畑一郎裁判長は、訴えを全面的に認め処分を取り消した。
 畑裁判長は、女性が離婚後も男性と行き来し、経済的支援をしていたことなどを指摘。「社会通念上夫婦の共同生活をし、家計を一つにしていたと認められる。厳しい取り立てから免れるための別居はやむを得ず、原告側の受給要件に欠けるところはない」と判断した。
 判決文によると、女性は2000年、男性が事業に行き詰まり、社会問題化した商工ローン業者らからの厳しい取り立てを受け、身を守るために離婚した。しかし、男性が死亡した03年3月まで、病気だった男性の世話をしていたほか、家賃を代わりに支払うなど経済的な援助もしていた。 

【関連ニュース】
振興銀110番、6日実施=SFCG債権、弁護士らが電話相談
振興銀を行政処分へ=内部管理体制に不備

「経済成長」と「財政再建」で意見交換−民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
荒井氏の「主たる事務所」自民有志が視察(読売新聞)
成田エクスプレス、長野電鉄に「移籍」(読売新聞)
<ひき逃げ容疑>76歳女性死亡、52歳男逮捕 千葉県警(毎日新聞)
中畑氏、初街頭演説で「巨人監督の芽なくて政界へ」(スポーツ報知)
posted by ニシハラ トシヒコ at 22:59| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。