2010年05月18日

平野長官、午後に鹿児島再訪=徳之島住民と面会へ(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後、鹿児島市を訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の一部移転先に想定している鹿児島県・徳之島3町の住民と面会する。12日に続く鹿児島入り。平野長官は、沖縄県の基地負担を全国で分かち合う必要があると理解を求めるとともに、徳之島の振興策についても要望を聞く考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
青木氏不出馬を確認=自民・細田氏(時事通信)
ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも−官房長官が打診(時事通信)
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信(産経新聞)
<鳩山政権>実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…(毎日新聞)
posted by ニシハラ トシヒコ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。