2010年05月18日

平野長官、午後に鹿児島再訪=徳之島住民と面会へ(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後、鹿児島市を訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の一部移転先に想定している鹿児島県・徳之島3町の住民と面会する。12日に続く鹿児島入り。平野長官は、沖縄県の基地負担を全国で分かち合う必要があると理解を求めるとともに、徳之島の振興策についても要望を聞く考えだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
青木氏不出馬を確認=自民・細田氏(時事通信)
ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも−官房長官が打診(時事通信)
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信(産経新聞)
<鳩山政権>実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…(毎日新聞)
posted by ニシハラ トシヒコ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)

 政府は6日、乳幼児期に受けた集団予防接種が原因だとするB型肝炎訴訟で、札幌・福岡両地裁が国と原告に和解勧告したことを受け、勧告に応じて和解協議に入る方向で調整に入った。

 仙谷国家戦略相や長妻厚生労働相ら関係閣僚が今週末にも協議した上で、最終判断する。和解協議に応じる場合、札幌地裁で次回口頭弁論が行われる14日に正式表明する見通しだ。

 原告側はすでに和解勧告に応じる方針を決めている。ただ、救済範囲を巡って双方の主張に大きな隔たりがあるため、最終的に和解に至るかは不透明だ。

 B型肝炎訴訟を巡っては最高裁が2006年に国の責任を認め、原告1人当たり550万円の賠償を命じた。しかし、患者に対する国の救済策は進まず、08年から全国10地裁で集団訴訟が相次いで提起され、集団予防接種と感染の因果関係が最大の争点となっている。

<痴漢>逮捕77人 再犯37% 首都圏集中取り締まり(毎日新聞)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
首相動静(5月3日)(時事通信)
posted by ニシハラ トシヒコ at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。